ヨガで一番大切な呼吸。無理して深めていませんか?

YOGA

ヨガで必要不可欠なプラーナヤーマ

もともとヨガは瞑想をするために始まったものだと言われています。
安楽座で、ただ呼吸を感じる時間。
集中して頭の中は空っぽになっていたり、時々思考が入ってきたり。
それを繰り返しながら
ただそこにとどまる時間です。
瞑想をすることで、身体のエネルギーが高まり、余計な執着をなくし、どんどん前向きになる
そういった様々なメリットも挙げられます。

瞑想をする上で大切な呼吸。

プラーナヤーマという呼吸法が必要不可欠であるヨガですが、
みなさんどのように取り組んでいますか?

呼吸に意識を向けることは、ヨガをはじめる大切な第一歩!

私のヨガクラスでは、身体を動かす前に呼吸の調整、瞑想を行います。
(どこのクラスでもあると思うのですが)

ただ呼吸をしながら、そこにいる自分自身と、心身と向き合う時間です。

生まれてすぐに呼吸することを覚えて私たちは、もう生きるための必要不可欠な生理的に行われているものですよね。
それを急に「吸う」「吐く」をコントロールしてと言われると、今まで無意識に呼吸していたものだから、逆に脳がパニックを起こして体が緊張してしまいます。
身体の緊張、強張り、は呼吸を浅くします。

だから慣れないうちは、コントロールするよりも、自然な自分の呼吸を観察してみましょう。それだけでもヨガの第一歩なのです。

そして、頭の上から、足までにフォーカスしながら、

「今どこが緊張している?何か違和感ある?今心地いい?」

といったような感じで自分の体と会話していきましょう。

すると、「ああ、肩に力が入っているな」「歯を食いしばっていた」というように自分の体の様子に気づくことができて、呼吸も徐々にスムーズになっていきます。

私もヨガを始めたばかりの頃、腹式呼吸がどうも苦手だなって感じていたのを覚えています。
なんというか、
深く息を吸っているつもりなんだけど、これ以上息入らないよ先生〜〜〜!!!!
といった感じ(笑)

そんな経験はありませんか?

無理して深めなくていい!まずは自由に呼吸してみよう!

 初めてヨガのクラスに参加する方は、きっと先生のガイドに従いながらクラスにのぞみます。
アーサナの前に呼吸法でつまずく方もいるのでは??
 先生の指導を忠実に従うことも間違いではないのですが、自分自身の感覚というのは自分にしかわからないので、初心者の方や、呼吸を深めるのが難しく感じる方はまずは自分のペースで無理なく自由に呼吸しましょう。

「深い呼吸ができる」ことが一番いいわけじゃないのです。

人と人はそれぞれ胸回りの柔軟性や肺活量も違いますし、
なんにしても取り組むペースや気持ちの持ち方も違う。

人と同じにならなくていい!!あなたはあなた。

大切なのは、自分を受け入れていき、理解してあげること。

それができたら0.5秒、1秒というように徐々に呼吸を深めていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました