シングルマザーでフリーヨガインストラクター独立開業ブログ。

YOGA

 子供がいれば、収入を安定させて子どもに不自由なく育ってもらいたい。
 幸せになってほしいと思うのは当然ですよね。

 私は離婚して、実家へ一旦戻り、さあこれからどうしようかと考えた結果独立を選びました。

 会社へ所属することなく、開業届を出して自分自身の力でお金を生み出していこうと決めました。

 ヨガ講師として独立したい気持ちと、自営業に強く興味があったからです。

 実体験と私なりに思うことをお話ししていきますので、参考になれば嬉しいです。

 ヨガインストラクター目指す方の資格取得から働き方までの記事はこちらをご覧ください!


 

まずはヨガの仕事を副業として始めた。

 十分な貯蓄と、どのようにして稼いで行くか。というビジョンがなければ急な独立は無理です!

 これは当然ですね。しかも子どもがいる状況ですから。

 私は、離婚後の引越しと、しばらくの間実家に世話になる為だけの貯蓄しかありませんでした。


 実家にもしばらくお世話になるのだから生活費を稼がなくては。とショッピングセンターの販売を始めました。時給は900円で、私の住んでいる地域にしては高時給で良かったのですが、やはり本当にやっていきたいのはヨガのお仕事

  どうすれば、ヨガを本業にできるだろか…

 と毎日毎日考えていたのを覚えています(笑)

 そこで、週2日の夕方〜夜の3時間ほど、子どもは実家に見てもらい、まずは副業としてヨガスタジオと契約し、ヨガの仕事をし始めました。


 (預け先がどうしてもない場合は連れていかなければならないので、子どもづれでもOKなヨガ教室を開くなど一つの手かもしれませんね!)

昼間にヨガスタジオと契約。

 そんな生活を続けているうちに、昼間のレッスンでヨガの先生を探しているのですが、どうですか?というお話をいただきました!!!

 内心やったーーー!!!!といった感じです(笑)

 毎日毎日昼間にヨガの仕事を増やしたいと考えていた甲斐がありました(笑)私の経験上、こうやって思い描くことも引き寄せのエネルギーに繋がるので、理想をずっと考えていくことはすごくいいことだと思っています。


 そして、タイミングもあって昼間にヨガのレッスンが増えていき、だんだんと販売の仕事をフェードアウト。

 しかし今度は、スケジュールを組んでいくことへの問題に直面。

 フリーヨガインストラクターは、自分で自分のスケジュールをうまく立てていかなければ、時間を無駄にしてしまうのです。

隙間時間を埋めるためにセラピストをはじめる。

当時の少し時間を無駄にした実際のスケジュールがこちらです。

 斜線部分が、空いた時間です。
 お金を効率よく稼いでいくためには、時間も大切にしなくてはいけません。
 Time is moneyとはこのこと!笑

 さて、、この問題をどう解決しようかと悩みました。
 自分でレッスンを始めるか、、、?しかし昼間のレッスンはどうも集客がうまくいかないのです。(昼間にも自分の教室を試しに半年ほどやってましたが、うまくいきませんでした)

 昼間に、働けるお仕事、できればヨガの関わりの近いお仕事がいいな。
と考えながら、毎日暇さえあれば、求人サイトを開いていました。


 健康食品のお店でパートするか?
 ヴィーガンのお店で、ヴィーガン食について学びながら仕事するか?
 ヨガウェアも置いてあるスポーツショップでまた販売員をするか?


 などいろんな職種で悩んでいた時に、
 ボディセラピスト/業務委託/完全歩合制/シフトフリー
 というなんと素晴らしい求人に出会うことができました!!!


 人の体に携わるお仕事で言えばヨガとつながりを感じますし、
 ましてやシフトフリーだなんて、すでにヨガ教室を自分でしていて、子持ちの私にとっては大変助かる条件でした。


 業務委託ですし、確定申告もまとめて行いやすいです。
 早速アポを取り、面接をして合格!


 セラピストの経験は全くありませんでしたが、そこは研修制度がしっかり設けられていて(その間はお給料は出ませんが…)、
 合格をもらえればお客様に施術できる流れになっていたので安心でした。

 ヨガスクールで、解剖学や生理学の基礎を学んでいたのである程度専門用語は理解出来たので、研修はスムーズにいきました。

 そしてようやく、朝〜昼間の勤務が安定し始めたのです。

安定するまでに2年かかった、、、


 離婚後、ヨガのお仕事を副業から行い、スタジオ契約も行いながらレッスン数が増え、空いた昼間の時間も無駄なく過ごせるようになるまで、約2年はかかりました。
(甘くはないですね、、、)


 私の場合、とにかくヨガのレッスン数を増やし続け、空白の時間(お給料が発生しない時間)が目立ってきたので、セラピスト業を始めましたが、環境やタイミングなどが全て揃えば、ヨガだけで食べていくのも不可能ではないと思います。

 ただ、都会はヨガインストラクターも溢れるほどいますし、オーディション等いつでもやっているわけではなく、地域によっては厳しいかもしれません。

 自分が入りたい時間枠のレッスンにいつでも希望できるわけでもありません。

 とにかく、行動することですね。

 子どもがいて、かつ自分の好きなように仕事をしていきたいという気持ちが強いのであれば行動のみです。行動することで、次の自分の課題や問題が明らかになり、時間がかかりますがやがて安定してきます。


 もし失敗したら、、、?その時はその時で転職するなり他に食べていく方法はあるのですから、自分でチャンスを作り、拾いましょう。

 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。シングルマザーでヨガの講師として独立したいと考えている方へ参考になればと思います。


コメント

  1. […] シングルマザーでフリーヨガインストラクターになった話 […]

  2. […] シングルマザーでフリーヨガインストラクターになった話 […]

タイトルとURLをコピーしました