はじめてのヨガ教室開業|必要最低限準備するものは?

ヨガ独立開業

 こんにちは。みどりです。

 はじめてヨガ教室を開業するにあたって、何を準備すればいいかわからない!そんなお悩みはないでしょうか?
 私ははじめてヨガ教室を開いた時に、準備していないものがあったり、あればよかったなと失敗したこともあります。

 今回は、ヨガ教室をはじめて開業するにあたっての最低限必要なものについてお話ししていきます。

はじめてのヨガ教室開業|最低限準備するものは?


 小さなお教室程度のヨガ教室であれば、必要最低限準備しておけばOK。
 私はこれらを準備して、教室をはじめました。

必要なもの

ヨガマット

 ヨガマットは必須です。
 自分のものはもちろん、備品として持っておくのが望ましいです。

 私の場合、はじめは備品を買う予算がなかったので体験に来てくださる方用に3〜4枚用意し、ヨガマットをすでに持っている方は持参してもらうように声かけをしました。

 マットは安いもので数百円で買うことができます。

 売り上げが安定してきたら、教室用に質のいいマットを揃えるといいです。
 ヨガマットの枚数も、定員に差し支えないように最低限あれば、とりあえずOK!

某100円ショップのヨガマットも普通に使えるよ!


両替金、釣り銭

 忘れがちな両替金
 絶対必要です!参加費をいただいてお釣りを渡せない場合めちゃめちゃ困ります。
 きてくれた方にも、お金に対しての信用がなくなってしまいます。
 
 設定した参加費をもとに両替金がどれだけいるか、ある程度計算して、釣り銭用の財布やポーチなど用意しておきましょう。

お釣りがなくてコンビニに走ったこともありました(笑)

フェイスタオル

 私はクラスで持参するように声かけています。汗を拭くときや、膝をつくポーズがある場合に、膝が痛い場合があるのでタオルでクッションを作るためです。

 忘れた方のために準備しておくと、怪我防止につながります。ヨガ講師として、怪我の防止対策は常に考えておかなければいけません。

 念の為、参加人数あると安心ですね。

あるといいもの

領収書

 たまに、「領収書ください。」と言われます。
 POSレジがない場合は、手書きできる領収書を準備しておきましょう。

 領収書には、主催者の印鑑が必要なので、印鑑も忘れずに!

領収書と印鑑はセットで準備!

ヨガブロックなどのプロップス

 プロップスがあれば、ヨガクラスの質が格段と上がります!
 アーサナを深めていく上で、あると便利なヨガブロック、ヨガベルトなどのプロップスは、一人ひとつあれば十分。2つあれば最高。

 ですが、自分のスタジオがない場合や置いておくことができない場合にかなり荷物になり、講師にとって負担が大きいので、あればいいアイテムです。

ヨガベルトはなくてもフェイスタオルで代用できるよ!

まとめ

 今回ははじめてのヨガ教室開業というテーマで、ヨガスタジオや自分のお店を持っていない方向けの必要なものを書き出してみました。

 正直な話、ヨガのレッスンは場所と、身体と、ヨガマット。この3拍子さえ揃えればOK!なのですが、せっかくお金を払ってきてくださるのですから、満足してもらえるように必要最低限自分で揃えるものは揃えておくことが望ましいです。

 これからヨガ教室を開く方へ参考になればと思います*
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました