旦那が嫌いで離婚したい。答えはひとつ「今すぐ離婚」しましょう。

離婚、子育て

 
 こんにちは、みどりです。

 私は娘を持つシングルマザーで、今はフリーランスでヨガインストラクター、ヨガ関連のライターをしています。

 元旦那の事が嫌いになり、同じ空間で過ごすのも嫌で離婚しました。
 この記事を読んでいるあなたもまさに同じ状況なのではないでしょうか?

 離婚は、不幸なことではなく、幸せを手に入れるものでもあると私は思います。
 離婚を考えているあなたは今幸せですか?

旦那が嫌いで離婚したい。答えはひとつ「今すぐ離婚」しましょう。

 あなたが旦那さんを「嫌い」であるのならば、解決策はありません。
 「今すぐ離婚」しましょう。

生理的に無理

 生理的に無理。
 このキーワードに当てはまる方は、もう解決策はありません。私自身そうだったのですが、どれだけ彼に尽くされようと、子ども思いで、私にきちんと愛情があろうと生理的に無理なのであれば「今すぐ離婚」これに尽きます。

 生理的に無理。ここまでくると細胞レベルで拒否反応が起きているのだとか。
 実際に私は、当時の旦那と話すだけで震えてしまうほどでした。

時間の無駄


 今すぐに離婚を勧める理由はこちらです。

 「時間が無駄」だからです。

 ・彼にイライラする時間。
 ・離婚について考える時間。
 ・我慢して結婚生活を送っている時間。
 ・彼の悪口がひたすら頭の中に巡っている時間。
 
 ただただストレスで、何のメリットもありません。そして、子どもがいるのであればなお、そんな家庭環境で育てるのは酷です。

 

子どものために離婚する

 旦那がいれば常に険悪な空気。

 私自身、そんな家庭環境が2年も続いていたのですが、旦那がいれば子どもが目の前にいてもなかなか笑顔になれませんでした。もちろん、子どもと二人きりの時は笑顔いっぱい、幸せなのですが旦那が視界に入れば私の性格が180度一変するほど。それぐらい精神的苦痛でした。

 子どもの前では笑顔で居たいのに。と自己嫌悪になっていませんか?

 子どものためにいつも笑顔でいるためには「今すぐ離婚」です。行動に移しましょう。
 いつも暗い顔、そしていつもパパの前ですごく怖い顔をしているママよりも、いつも笑顔で、幸せそうなシングルのママの方が子どもは幸せです。

 そう思いませんか?

時間は買えない。取り戻せない。

 離婚後のお金はどうにでもなります。
 頑張って働くのみ。養育費をもらえなくてもどうにかなります。

 自分の人生や子どもとの時間はお金では買えません。

 幸せはお金だけじゃなく、子どもの笑顔だったり、自分の人生を輝かせていくこと。

離婚を切り出すタイミング

離婚話は、感情的になりにくい「昼間」がオススメ。

離婚話を始めるのは「昼間」がベスト

 夜、子どもが寝静まった後にと考えがちですが、夜は感情的になりやすく、話がまとまりづらいので離婚話は朝〜昼間がオススメです。

 感情的になれば暴力的な行動を取られた時に、身を守りにくく、子どもが起きてしまえば話は一旦終了してしまう可能性もあります。

 あなた自身も冷静に、感情的にならないように話すことをまとめておきましょう。

離婚したい理由、証拠があれば提示する

 具体的な理由もしっかり話しましょう。
 何故離婚したいのですか??

 相手側に原因があるのであれば、証拠は持っておいた方が良いでしょう。浮気や、不倫、お金関係など、離婚できる大きな原因があるのであれば必要です。

 私の場合は、相手よりも自分自身の気持ちの問題だったので正直にそのことを話し、子どもにも今後どんな影響があるのかも話しました。
 パニック障害になり、薬をもらっていたので、そのことを話し、精神的苦痛を抱えていることをちゃんと明らかにし、とりあえず別居することができました。

全国最大級の探偵紹介サイト!街角相談所-探偵-

別居する。実家に助けてもらう。

 どうしても離婚届に印鑑をもらえない場合はとりあえず別居することも1つの手です。実家があるなら、助けてもらいましょう。

 巻き込みたくない、迷惑かけたくない。そう思いますが、どうしてもその状況から逃げたい場合は別居を検討してみましょう。

 持ち家がある場合がこの手は使えませんが、できるだけストレスから身を守りましょう。
 強いストレスを抱え続けると本当に病気になります。

今すぐ離婚しましょう。行動しましょう。

 実際に、離婚話を切り出すのはすごく勇気がいりますよね。

 しかし、あなたと子どもの将来のためです。

 迷っている今この時間は、どんどん過ぎ去っていきます。

 離婚=子どもの不幸 ではありませんよ!

 あなたの幸せこそ、子どもにとっても幸せなのですから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました